民事裁判とは

裁判とは、社会に暮らすうえにおいて、権威のある第三者が解決の為に調整を行うものですが、犯罪を犯した疑いのある人に対して、本当に犯罪を犯したのか、どうなのか犯罪を犯していればどの程度の罪を負わせるべきを決める刑事裁判と、個人間の争いごとに対しての、解決を図る民事裁判があります。 民事裁判とは例えば、お金を渡したのに返してくれない、悪徳商法で騙された等のトラブルに巻き込まれた場合、相手側に対して、裁判を起こすことが出来ます。 裁判を起こした側を原告といい、裁判を起こされた側を被告といいます。 裁判の始まりは、原告が訴状を書き、裁判所に提出をし、相手側の被告に送達され、第1回の期日が決まります。 原告の申し立てに対しての一つ一つについて、被告は、1)認める、2)争う、3)知らないのいずれかを申し立てるのが原則です。 その間に何度も和解勧告があります。 争うといった場合は、立証義務がある方が証拠を元に証明することになります。 証明できなければ、真実であっても嘘となります。 文書のやり取りが終ると、裁判官が判決を言いわたします。 裁判で勝訴すれば、お金を返せとかの命令が裁判所から相手側になされ、従わない場合は、強制的に国家権力によって実現されることになります。 民事裁判は自分でも出来ますが、勝訴にする為には弁護士依頼する必要があります。