民事裁判にはどれぐらいの費用がかかるのか

民事裁判の種類は本当に様々な種類が有り争う内容によっても費用は全く変わってきますが、特に多いのは交通事故の慰謝料や離婚裁判でこれらの民事裁判は特に交通事故の場合は後遺症が出た場合などは等級が出るまで時間がかかる事も有り、裁判が終了するまで物凄い時間がかかる事も有ります。                                                                                                                           
  
例えば単純に離婚だけを争う裁判では裁判にかかる費用は100万円前後プラス弁護士に依頼した場合は依頼料と成功報酬と日当などでそれだけでも100万円以上かかりますし、更に慰謝料を争う場合は更に時間がかかる事も有り経済的負担は想像を絶する物が有ります。
それ以上に費用がかかる民事裁判は交通事故の裁判で、日数もかかる事が多く加害者も被害者も精神的にも経済的にも大きな負担がかかる事が多いです。支払い義務は基本的に敗訴側に有りますが、依頼料など弁護士に関する分は勝訴側が払う時も有ります。更に怖いのが敗訴側が支払い不履行の場合は勝訴側が代わりに払わないといけない状況になりますので、民事裁判の時は支払い義務を約束させる意味でも公正証書を作成しておきましょう。                                                                                                    

基本的にかかるお金は裁判自体にかかるお金よりも、弁護士にかかるお金や請求するお金の方が多いですから裁判に勝訴すれば経済的な負担も弁護士の依頼料位で弁護士によって相場も変わりますが、100万円以上は覚悟しておいた方が良いでしょう。

コメントは受け付けていません。