通常訴訟とは

通常訴訟とは、借金や騒音問題や名誉毀損などがあります。借金に関しては民事裁判ですが、交通事故や殺人や強盗や詐欺や置換や強姦などは刑事裁判になります。                                                                                                      

通常訴訟は、ちょっとしたトラブルは簡易裁判所、大きな問題は地方裁判所です。器物破損罪なども、被害額にもよります。裁判などを起こす際は、資金が必要になります。その資金は法テラスなどの機関から一時的に借入をします。裁判は、長引けばそれなりに費用はかかります。借金などは、法テラスが司法書士や弁護士などを紹介します。司法書士は、金額は安くで済みますが、書類の記載のお手伝いのみで、弁護士は裁判所などで争います。借金にも、3つタイプがあります。債務整理は元金のみ返済、個人再生は借金の20%のみ支払い、自己破産は支払いはゼロになりますが、免責がある場合とない場合があります。                                                                                                                                                  

自己破産などは、財産を没収されます。現金はもちろん、自宅などが差押えの対象になります。借金の場合は、ギャンブル等の借金は免責はほとんどありません。どの訴訟でもそうですが、被告に悪意が無ければ執行猶予などが付きます。悪意があると、懲役があります。離婚訴訟などでも、暴力が理由で別れると慰謝料が多いです。

コメントは受け付けていません。