訴えられた際の流れと手続き

民事訴訟により訴えられた場合は、相手方に何かの法益侵害をしている場合か訴訟により利益を得ようとしている場合があります。                                                                                                                     

訴えられた場合の流れは、相手方には弁護士がついている場合が多いことから、こちらも弁護士の先生に依頼して裁判所において裁判官に判決を出してもらうしかありません。
賃貸契約などで、居住者が家賃を支払わないことから、強制的に退去させるために民事訴訟を起こすことがあります。
しかし、居住者にも基本的人権から住むところがなくなると、生活することができなくなるので、当然裁判所において裁判をすることになります。
裁判所は、居住者に対して家賃を支払うことができない理由等については裁判において聞いていくことになり、仮に居住者に仕事があって財産等があるのであれば賃貸契約に基づいて支払をするように命令をすることができます。                                                                                                                

それでも支払をしない場合などは、財産などを差し押さえることができ、差し押さえは強制手続きになるので、銀行口座等から強制的に未払いの家賃を徴収されてしまいます。
弁護士などは依頼者を裁判で勝訴させることが目的としているので、裁判で勝訴するための資料を集めて裁判に臨みます。
そのため、大きな訴訟ともなれば弁護士の成功報酬なども高額になります。

コメントは受け付けていません。